• ホーム
  • 設備概要/試験概要
  • サービスのご紹介
  • デンソーEMCESの強み
  • 会社情報
  • 採用情報
  • よくあるご質問

ホーム  > 会社情報  > 先輩社員の声

先輩社員の声

(株)デンソーEMCエンジニアリングサービス 技術開発部
担当次長

EMCとは何?といわれ始めた1980年代より試験業務を行っています。
当時は、車両にエンジンコンピュータ搭載が主流になりつつある頃で、電波暗室で車載トランシーバを用い電波を照射し、不具合対策を支援する業務に従事していました。
また、EMC試験の傍らで、車載アンテナの評価にも携わり、フィールド試験などにも出かけ、開発中の車載アンテナのデータ取りに貢献しました。
1995年、欧州で車両に対するEMCの法規制が始まり、車両メーカから規格試験が対応できるように求められ、規格試験を立ち上げて来ました。
現在は、日本国内車両メーカはもとより、海外メーカの部品評価規格を、第3者認定試験所として厳格かつ公正に試験を行っています。
最近では評価用ソフトの内製化を推進し、より細かな試験に対応すべく努力しています。
今後は、車両における電波試験にも注力し、EMCのスペシャリストとして活躍する場を広げています。
これまでの経験からEMCの世界は新しくおこなわなければならない業務がたくさんあり、やりがいのある職場であると思っています。

(株)デンソーEMCエンジニアリングサービス 試験部 試験3課
専門試験員

eng_7.JPG私の業務は、主に車載用電子機器のイミュニティ試験を担当しています。
この試験では様々な製品に対し、専門の設備を使用して妨害電波を照射する事で、製品に誤動作や故障等の不具合が起こらないかを確認しています。
一言で誤動作といっても普通では想像もつかない様々な現象が起こります。
電波は目に見えず、私たちにとってはとても身近に存在する物でありますが、この電波が電子機器に与える影響は計り知れません。
この製品を積んだ自動車がユーザの方に渡った後も、安心して使用して頂く為に、この試験の重要さを肌に感じつつ日々試験に取り組んでいます。
試験を公正におこなうためには電磁気学や電子回路といった関係の勉強もしなければなりませんが、大変な分、やりがいも感じています。

(株)デンソーEMCエンジニアリングサービス 営業部 営業課
課長

私の担当する業務は、顧客窓口としてのお客様へ対するソリューション、広報としての会社案内やホームページの作成、展示会への出展等様々な内容です。
多岐にわたる業務をこなすうち、お客様が何をどのような形で望んでいるのかを考えつつ業務を行うようになり、ひとつひとつの業務に対し、「目的」「戦略」「結果」を設定して取り組むようになりました。
また、同僚や先輩、上司にも恵まれた環境で、開発出身の諸先輩方から多くの知識を吸収でき、年齢の近い仲間たちとそれぞれの装置について論議を交わすことが日々の日課となっており、全員が前向きな姿勢で業務に取り組むことが出来ます。
日々の業務のみに追われず、最終目的に対する中長期的な戦略を考え、理想の結果を求める事にやりがいを感じられる職場、それがデンソーEMCESです。

  • お問い合わせフォーム
  • お申込書ダウンロード

PAGETOP